入社数年、20代でも、店舗のキーパーソンへ。

がちゃぽんグループの思いに共感し、“まっすぐな芯”を持って活躍している2人のスタッフ。
彼らは約2年間、「がちゃぽん苫小牧店(北海道)」で上司と部下として、そして同じ思いを共有する仲間として、
お客様にもっとも愛される店舗を共にめざしてきた。
そして現在、北海道と九州、遠く離れた店舗に立つ彼らは、それぞれ何を思い、
何を目標にして働いているのだろうか。その熱い思いを語ってもらった。

がちゃぽん苫小牧店チーフ:千原 大
入社3年目でチーフへ。魅力ある人材、店舗づくりに奮闘する日々。

早く一人前になりたい。その想いは、入社当初から強かったと思います。だから店舗や接客サービスについて積極的にアイデアを出すよう心がけていました。少々、生意気な新人だと思われていたかもしれませんね。それでも上司が、というより弊社の企業文化そのものが右も左も分からない若手の意見に耳を傾け、お客様のためになればと、積極的にアイデアを採用してくれました。やはり自分のアイデアが認められると自信がつきますし、もっと良いアイデアを出そうとさらにやる気も高まりました。 入社3年目で副店長になりましたが、日々感じているのが成長することの難しさ。新店舗がオープンした際にはスタッフも盛り上がりますが、そのモチベーションを維持するのは簡単なことではありません。店舗の雰囲気づくりはもちろん、スタッフのやる気を生むことを常々考えています。同じ店舗のスタッフがチームとして機能しなければ、良い店舗はつくれない。だからこそ、いつか上司が私にしてくれたように、それぞれに向き合った接し方を実践しています。スタッフ一人ひとりに、その人らしい成長をしてもらいたいですね。


塩田リーダーってどんな人でした?

店舗のリーダーとして、数多くのスタッフから信頼される存在。頼り甲斐のあるリーダーに成長してくれたと思います。「がちゃぽん霧島店(鹿児島)」に赴任する今でも、「がちゃぽん苫小牧店」のスタッフたちと定期的に連絡を取り合っているそうです。がちゃぽんグループの絆の強さを改めて実感しますね。


塩田 一人
入社2年目でリーダーへ。その翌日には、新店舗の立ち上げメンバーに抜擢。

学生時代に「がちゃぽんグループ」の店舗に行ったとき、他店に比べて圧倒的に居心地が良かったんです。この雰囲気をつくれる企業はすごいなと思ったことが入社のキッカケでした。実際に社員となって、細部にまでこだわった店舗づくりの実態を知り、初めて納得ができました。 入社2年目でリーダーになり、千原副店長とともに「がちゃぽん苫小牧店(北海道)」に勤務。リーダーにとって大切な心構えを一から教わりました。その翌年には鹿児島県初出店となる「がちゃぽん霧島店」のオープンメンバーとして、新規スタッフの教育指導という重要な役割を任されました。その中でもっとも重点を置いたことは、すべてのスタッフが、心のこもった接客サービスをお客様に提供すること。今はまだまだ成長途中ですが、同じ目標を共有し続けることができれば、もっと良い店舗になるはずです。もちろん“育てる”ことの難しさを感じることもあります。でも、若いうちからこういう経験ができるのは貴重ですね。年齢や経験にかかわらず、熱意があれば、誰にでもチャンスが与えられる会社だと思います。

他のスタッフとは違う視点で物事を捉え、独創的なアイデアを次々に思いつける人。店舗や接客サービスなど、何に対しても疑問を持ち、それを改善しようと考え行動していたのが印象的でした。多少の厳しさもありましたが、千原副店長に鍛えられたからこそ、リーダーとしての今の僕がいると思います。

千原チーフってどんな人でした?